読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと盆栽。文章少なめで。

盆栽マンション日記の別館です。

気になる金村修

道行く人

juban89Ricoh GRD4

 

イチローさんのブログで知った金村修

金村修の言葉は短文で突き刺さるものが多い。

写真よりも言葉に引きつけられるのは写真家としてどうかと思うけど。

 

オフィシャルページ⇒ http://www.kanemura-osamu.com/

 

ちなみに紹介する言葉の順はぼくの理解度。

下に行くほどわかんないけど、何か重要なことを言ってるような気がする。

 (以下、オフィシャルページより引用)

 

◆ 白黒=ノスタルジーは間違っている。実は白黒は凶暴

 

◆ アマチュアはすべて納得してからシャッターを切る。だからつまらない。

 

◆ 写っているものが断片でもないし、全体でもない。意味も抜けてる。

  そこがいいんだから

 

◆ 楽しくなくたっていいんじゃない?

  芸術は感情の問題じゃない。

  楽しいとか楽しくないかなんて、芸術も写真ともまったく関係ない

 

◆ ウィノグランドは『写真を撮るように写真を撮る』ことを実践した人。

  それまでの写真家は、おもしろいものがあったら写真に撮っていた。

  しかし、そこに写真はないんですよ。

 

◆ フレーミングとは決定ではない。

  決定された世界に対し、いつまでも無根拠でいることであり、

  どこをフレーミングしてもすべて正しいという、区別を放棄した等価の地獄を肯定する。